無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

🐰
無事、サイン会は終了。


















you
you
(ふぅ…なんかいろいろあったな…って今から私裏口行かないとじゃん…グクになんて言われるのかな…怒られるかな…)








不安な気持ちにいっぱいで裏口に向かうあなた。









裏口に着いた時、既にグクは待っていた。
you
you
ごめん、グク。
you
you
あのね、私今日サイン会に行ったのは…









そう言いかけたあなたの手を握って突然歩き出すグク。
you
you
ちょ、グク!
グク
グク
話は後。取り敢えずついてこい。








グクはしばらくあなたの手を引き歩く。






そしてタクシーを止め乗り込んだ。








グク
グク
〇〇レストランまで。
you
you
レ、レストラン!?
グク
グク
あんなとこじゃいつ人来るかわかんねーし…
それにレストランは個室だから話しやすいだろ。
you
you
こ、個室…。(なんか緊張しちゃう)









その後はタクシーの中で無言の時間が続く。












15分後…レストラン到着。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る