無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🐰
あなたは、もらったハンカチで涙を拭う。









涙を抜った瞬間、ふわっと香る甘い匂い。
you
you
わあ…いい匂い






そう思いながらハンカチを見ると、ハンドメイドで作ったのであろうか、










青色のハンカチの隅にはキムテヒョンと丁寧に縫われていた。





you
you
誰かからの贈り物かな…?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る