無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🐰
嬉しさのあまりあなたはグクにとびついて抱きしめる。

you
you
本当に、おめでとう。


















でも、いつも抱きしめ返してくれるグクが抱きしめてくれない。
you
you
グ、グク?










顔を上げるとグクが顔を涙で濡らしていた。
グク
グク
あなた、ごめん、ごめん…








泣きながら謝り続けるグク。







you
you
ねえ、グク、どうしたの?
グク
グク
あなた、別れよう。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る