無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第44話

🐰
テヒョン
テヒョン
うわ、俺なにやってんの。









テヒョンさんは我に返ったのように焦り始める。













テヒョン
テヒョン
ごめんね、あなたちゃん。急にキスなんかして。
you
you
いや、あの、大丈夫ですけど…(本当は大丈夫じゃないですけど…😅)














申し訳なさそうな顔をしているテヒョンさん。











しばらくの沈黙の後、テヒョンさんが口を開く。













テヒョン
テヒョン
俺さ、嫉妬したのとか初めてなんだよね。
you
you
嫉妬…?










…
テヒョン
テヒョン
グガとあなたちゃんの個室を出た後もさ、2人のことが気になって頭から離れなくて。








…
テヒョン
テヒョン
あなたちゃんがグガと一緒にいるとこ想像しただけで我慢できなくなっちゃったんだよね……
you
you
そ…そう…なんですか…
















…
テヒョン
テヒョン
今すぐ俺の事好きになってくれなくてもいいからさ…これからも俺と仲良くしてくれない?












あなたは正直迷った。
















you
you
(グクにテヒョンさんとは関わるなって言われたし…)
テヒョン
テヒョン
気分転換としてでもいいからさ…暇な時にご飯行くだけでいいからさ…








だんだん不安気な表情になってくるテヒョンさん。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る