無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第60話

🐰
しばらく沈黙が続く。



















テヒョン
テヒョン
俺、お風呂入ってくるね。















そう言ってテヒョンさんはお風呂へ。

















一人になったあなたはベットに倒れ込む。















you
you
(私最低だ。グクが何考えてるのかわからないとか言って、グクの目の前でテヒョンさんと仲良くして…)

















あなたの目には涙が溜まる。
















you
you
(グク…ごめんね…)












グクのことを考えれば考えるほど自分のことを責めてしまう。


















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る