無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第89話

🐰
心臓がバクバクしている。



















you
you
(気まづすぎるよお…)
 









そんなことを思っていた時。















ホソクさんとジミンさんがリビングへ入ってきた。


























ジミンさんはずっと俯いている。
























RM
RM
じゃあみんな揃ったね。
ユンギ
ユンギ
乾杯しよ〜
RM
RM
じゃあ長男!お願いします!
ジン
ジン
え〜と、これからの防弾少年団の成功と、あなたちゃんとグガを祝って
ジン
ジン
かんp…













ジンさんが 乾杯 と言いかけた時
 












突然ジミンさんが立ち上がる。
ジミン
ジミン
グガとあなたちゃんのお祝いの食事ですか?これ。


.







ホソク
ホソク
あ、言ってなかったね。せっかくだからお祝いしようと思って。
ジミン
ジミン
僕はお祝い出来ないので。
 







そう言ってジミンさんがリビングを去ろうとした時。











RM
RM
待てよジミン。なんで祝えないんだ?なにか事情があるのか?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る