無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

仲間と絆と努力。
兎田side
















私は無我夢中で走っていた。














どんっっ


??「どわっ」←←


「きゃっ!!!」


??「ごめんなさ……えっ!?!?」


「……なんでここにいんの。」
































「なにわ男子…」


西畑「今日呼び出されてん……」


藤原「ってなんで泣いとるん!?」


「いやっ……これはなんでもっ……」


大西「なんかあったんですよね、あなたちゃん。」




くっ……可愛い顔しといて鋭い‥‥←















「SixTONES……デビュー決まったんだ‥」


藤原「っ!……よかったやん!!」


西畑「おめでとう!!」


道枝「めでたいことやのに、なんで泣いとるんですか……?」


「そのデビュー……私抜きなんだ、……」


長尾「…………は?」



おおっと微笑みの毒舌貴公子出てきたぜ←


ガシャンッ


高橋「………………何て言いました…?」


あ、あ、あ、あのナルシスト恭平が鏡を落としたぁぁ!?!?!?(((


「……私抜きでデビュー…………って言った」


高橋「は、意味わからん」


大橋「誰が決めたん、」


「……プロデューサー…」


藤原「あのプロデューサー……許さん…」




















西畑「俺らでなんとかしよ、」


大西「やね、」


道枝「やりましょ、」


長尾「おん」


高橋「ほんっま許さん…」


大橋「おおっし!!!!」←


藤原「事務所なにしてんねん……」


「ありがと……っ…」













完全に油断していた。














「……!なにわ!!」


西畑「っえ……」






バタンッ






「西畑!!!!」


大西「うわぁっ!!!」


「流星!!」


藤原「くっ……」


バタンッ


「丈くん!?」














次々とみんなが倒れていく……
















「!……西原……」


西原「言いましたよねぇ?あなたちゃんが何かしたらみんなが危ないって♡」



いやそんなの聞いてねぇし←






西原「まーた余計なことしたらぁ、次は誰だろうねっ?♡」


「…………!!あんたまさか……!!!!」


西原「ふふっ♡」















そう妖しく笑った西原さんは、






5、6人のガタイの良い男の人たちになにわを運ばせてどこかへ消えていった。






















「っ……これじゃ、なんも出来ないじゃんっ……」

















??「あなた…?」













「……え!?」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 京 本 の せ い ら 。
京 本 の せ い ら 。
\𝙾𝙿𝙴𝙽/ 中 島 の み ぃ 。と ペ ア ネ(?) 【💎◢⁴⁶/🌙☁️/🌸🌈🌸/🌙🥀🌠】 " # あ ま ゆ あ 💗 " 11/17__ あ ま ゆ あ 💗 は 永 遠 ____ 推 し て く れ た 人 認 知 . 月 蘭 → せ い ら で す ☺(本 名 じ ゃ な い で す) バ グ で 何 故 か フ ォ ロ ー が 外 れ て る と き が あ り ま す(><) ☁️ふ ぁ ん ま ☁️ ふ ぁ ん ね 「 🌙 ☁️ 」  「 が お ら ー 。 」 つ け て く れ た 子 フ ォ ロ バ す る か も ✨大 尊 敬 様✨ 【ふ わ ふ わ 卵 📚🌹】 本 当 に 大 尊 敬 な ん で す 🦈⛓️/🐶⚡/🍌💖/🌈👧/🕊️❣️/💎☃︎👑/💍/🤣🐻/☁️👼🍎/🍑🍬/🎀👑💖/🍒💌/🍌💙/👑❤️👍/... 関係とか全部雑談部屋のとこに書きましたッ ✁🄲🄻🄾🅂🄴✁
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る