無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

仲間と絆と努力。
??side















__での仕事が終わって、







事務所内をうろうろしていると、









遠くに見覚えのある人が…


















「あなた…?」


兎田「……え!?」































兎田「櫻井くんっ!?」


「そうだけど……どうした?」


兎田「っ…………」


「……嵐の楽屋きな、?」


兎田「…………そうします…」


周りをキョロキョロして警戒している様子のあなた。


どうしたんだろ、























ガチャッ



「ただいまー」


相葉「おかえりー……ってあなた!?」


兎田「お久しぶりです…!」


松本「どうした?」


兎田「えっと……」


「なんかあったんでしょ?」


兎田「さすが嵐さん…笑」


大野「話してみな?」


兎田「……はい、」
















あなたから聞いたのは、俺らの想像を超える話だった。






もっとこう、メンバーと喧嘩したとか、そういうのだと思ってた。


























「……あなた抜きでデビュー…………」


兎田「っ…………」


二宮「……何やってんだよあのプロデューサー……」


松本「てか、その西原ってやつ何者だよ」


相葉「確かにねぇ…」


大野「今なにわ男子のほかに被害は?」


兎田「多分ですけど……メンバーも…」


「……俺らが動くしかないね、」


松本「だね、」


相葉「よし、」


大野「あなた、安心して。」


兎田「さすがです嵐さんっ……✨」


「尊敬のこもった眼差し笑」


松本「よっし、いくかぁ!」


「「「おー「あ、」え」」」←


兎田「……西原が…私が余計なことしたら、みんなが危ないって……」


「だーいじょうぶ!」


相葉「嵐だよ?」


??「俺たちも忘れられちゃ困りますよ!」


兎田「……えぇっ!?!?」


「お、笑」


中島「姫のためなら!お金でも命でもっ!!」←


兎田「……(引」


菊池「まぁ助けてやらんでもない。」


兎田「素直じゃないやつ。笑」


菊池「るっせ。笑」


マリ「あなたちゃんのために頑張る!!」


兎田「ありがとぉ~!!」



















「よっし、俺らも動きますか。」



















「「「おう!」」」








シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 京 本 の せ い ら 。
京 本 の せ い ら 。
\𝙾𝙿𝙴𝙽/ 中 島 の み ぃ 。と ペ ア ネ(?) 【💎◢⁴⁶/🌙☁️/🌸🌈🌸/🌙🥀🌠】 " # あ ま ゆ あ 💗 " 11/17__ あ ま ゆ あ 💗 は 永 遠 ____ 推 し て く れ た 人 認 知 . 月 蘭 → せ い ら で す ☺(本 名 じ ゃ な い で す) バ グ で 何 故 か フ ォ ロ ー が 外 れ て る と き が あ り ま す(><) ☁️ふ ぁ ん ま ☁️ ふ ぁ ん ね 「 🌙 ☁️ 」  「 が お ら ー 。 」 つ け て く れ た 子 フ ォ ロ バ す る か も ✨大 尊 敬 様✨ 【ふ わ ふ わ 卵 📚🌹】 本 当 に 大 尊 敬 な ん で す 🦈⛓️/🐶⚡/🍌💖/🌈👧/🕊️❣️/💎☃︎👑/💍/🤣🐻/☁️👼🍎/🍑🍬/🎀👑💖/🍒💌/🍌💙/... 関係とか全部雑談部屋のとこに書きましたッ ✁🄲🄻🄾🅂🄴✁
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る