無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

Story 3.
和子side
謙)昨日のあれ見た?
丈)見た見た!めっちゃおもろかったよな!
むぅ。丈くんうちと帰るっていったんに、帰りの会終わってからずっと謙杜と喋ってる…。
和)ふら、丈くん帰んで~
丈)はいはい。謙杜また明日~
謙)バイバイ👋

丈)でさー、俺は今日何を教えたらええん?
和)んーと。あと1週間あるから~…今日は~
丈)ん?ちょっと待って!今日は~ってことは、今週毎日通えってこと?
和)え?そうじゃないん?(上目遣い)
丈)///あー、そうです。
―家到着―
丈)和子~!親は?
和)え?聞いとらんの?丈くんちの親と姉ちゃんと一緒に旅行行くんやで?1週間。
丈)あー、なんかゆっとったわ。
和)だからさ、丈くんにお願いあんねんけど…。
丈)ん~?なに~?
和)1週間うちに泊まってくれへん?
丈)え…?
和)別に嫌ならええねんけど、怖いし…
丈)わかった
和)えっ!いいの~!ありがとう💖