無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

誠)意識しーひんのかなーって。
和)えっ?こんなん日常やで?やって、家隣やし、なんなら毎日家に起こしに来てくれんで
誠)はっ?それはヤバいって…
和)何が~?

この2人距離感おかしいんちゃう?高校生にもなって起こしに来てもらってんねんで?好きな人に寝顔とか見られたくなくない?

でも、なんかエモいな、青春やな。

誠)青春してんな。
和)ん~?

ピロン♪

和)あっ。流菜からや~
誠)なんて?
和)丈くん帰ってきたよ~!
ちゃんとお断りされたそうです。って
誠)良かったやん
和)うん!!
誠)もう、チャイム鳴るし、教室帰るで~
和)誠奈ちゃん送ってくれるん?
誠)ちゃうわ!5時間うちのクラス社会やろ
和)あーね

和)ね。誠奈ちゃん。
誠)どうした?
和)今日も相談のってくれてありがとうね。
誠)いいのいいの。これもうちの仕事やもん。
和)誠奈ちゃん好き~💖
誠)ありがとう。また明日からも通うんやろ?
和)あったりまえやん。昼休みの楽しみやで
誠)和子、嬉しいことゆうてくれるやん💖
和)えへへ~
誠)急ぐで~
和)おー!!