無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

462
2020/05/06

第7話

6話
???
???
○○!○○!こっち
???
???
わかったから
またこの夢...
目が覚めると
私
!?
こう
こう
えっと...驚かしてごめんな俺はこうって言いますちょっと待ってな今お兄呼んでくるわ
私
は...はい
しょう
しょう
あっあなたちゃん起きたか
体調大丈夫?
私
はっはい
しょう
しょう
よしもう暗いし送って行くで
私
本当何から何までありがとうございます
しょう
しょう
ええよええよこれもなにかの縁だろうし
私
あっあの連絡先聞いてもいいですか?
後日お礼をしたいので
しょう
しょう
お礼なんてええよ
私
でも...
しょう
しょう
ええからでもまたなんかあった時ようにはいこれ俺の連絡先
私
ありがとうございます
数分後
私
お邪魔しました
玄関にて
お母さん
お母さん
あら、あなたなんでここに
私
お母さんこそ
お母さん
お母さん
えっ久しぶりに大阪に帰って来たからけいこちゃんに挨拶しに来たのよそれにここ隣だし
サタン様
サタン様
あなたちゃんか?大きくなったな〜
私
ええっと
私
つまりここはお隣さん?
お母さん
お母さん
そうよ...そういえばなんでここにいるの?
しょう
しょう
実は娘さん公園で倒れてしまって
お母さん
お母さん
そうなんや娘がお世話になりました
しょう
しょう
いえいえ
お母さん
お母さん
あなた体調は?
私
大丈夫
お母さん
お母さん
よかったな
お母さん
お母さん
じゃあそろそろおいとましますね
けいこちゃんしょうくんありがとうな
サタン様
サタン様
いえいえあなたちゃんこそ気ぃつけてな
私
はっはいありがとうございました
お母さん
お母さん
それでは
サタン様
サタン様
ほなまたな〜
ガチャ
サタン様
サタン様
ええ子やな
?
(やっぱりあなただやっと会えた
あの時の約束は守るからな...)