無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

💗
あなたside 
You
You
Just tell me♪What you waiting for♪
私は女子1人だけだから、ソロで行くしかない。
選んだ曲は、ソミ先輩の『What you waiting for』。
Sixteenの時から推してたから、楽しんで練習できる。



ちなみに、今私がいるのは「個人練習室」。
かなり狭い部屋に、キーボードと椅子、机だけがある。
001号室~020号室があるんだけど、私のお気に入りは020号室。角にあるからか、微妙に他の部屋より広いから。



ドタドタドタ!
You
You
う…誰が走ってるんだろ?集中できないなぁ…




バタン!
You
You
え?
いきなり私のいる部屋のドアがあいた。