無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

443
2021/05/29

第27話

初めて4 💛💜
辰哉side
あれからどれくらい経ったんだろ

適当に走っていたから来た道も右も左も分からない状態だ
深澤辰哉
深澤辰哉
あ゙ぁ…もう……何してんだよ……
勝手に好きな人聞いて?

勝手に傷ついて?

勝手に逃げて来て?


最悪だな……
深澤辰哉
深澤辰哉
照怒ってるかな…?
怒ってるだろうな……

もう口も聞いてくれないかな…
深澤辰哉
深澤辰哉
てか、照のこと好きじゃ無くなればいいじゃん
そうだよ

たったさっき好きだって気づいたんだから、やろうと思えばすぐに好きじゃなくなれるだろ






深澤辰哉
深澤辰哉
バカだなぁ…まだ嘘つくのかよ……
本当はとっくに気づいてたんだよ

あべちゃんに言われる前に



なんで気づかないフリしてたのかって?

そんなの認めたらしんどいからに決まってんじゃん
女の子が好きとか言ったけど

俺は照にドキドキしてるし

照が好きだった
走ってる途中も照が追いかけてくれてたらなぁとか考えてみたり
馬鹿馬鹿

照には好きな人がいるんだって言ってんじゃん

でも……











深澤辰哉
深澤辰哉
俺照のこと応援できねぇよ……
好きな人が好きな人と結ばれるとこなんで見てられない

死ぬかもしれん
岩本照
岩本照
しなくていい
深澤辰哉
深澤辰哉
岩本照
岩本照
しなくていいよ
深澤辰哉
深澤辰哉
ひ…かる……?
なにそれ……

てかなんでここに?

応援しなくていいって…?
岩本照
岩本照
俺の好きな人ふっかだから
深澤辰哉
深澤辰哉
は?
岩本照
岩本照
だから、俺の好きな人はずっとふっか
深澤辰哉
深澤辰哉
は?
ふっかって…俺?

俺なの?
深澤辰哉
深澤辰哉
ぅそ……
岩本照
岩本照
嘘じゃない
少しずつ近づいてくる

俺は何故かその分離れて行く
深澤辰哉
深澤辰哉
まッ…て……ゃだ……
岩本照
岩本照
待たない
最初に逃げて来た場所が悪かった

細くて人通りが全くない路地

後ろに下がっていたらとうとう壁で逃げ道が無くなる


照はそんなことお構い無しに近づいてくる
深澤辰哉
深澤辰哉
ひかッ…まッ……
岩本照
岩本照
待たない
怒ってるのか?

いつもの倍以上の圧迫感を感じる
ドンッ
深澤辰哉
深澤辰哉
岩本照
岩本照
………
普通ならキュンキュンするはずの壁ドンとやら

こんな状況じゃキュンキュンなんてするはずもない

むしろ命の危機でさえ感じる



岩本照
岩本照
………ごめん
深澤辰哉
深澤辰哉
ぇ…?
ギュッ
岩本照
岩本照
好き…俺ふっかのこと好き
深澤辰哉
深澤辰哉
俺今何されてる?

あぁ抱きつかれてんのか


俺今なんて言われた?

確か…俺が好きだって
深澤辰哉
深澤辰哉
えっ…
岩本照
岩本照
好き、大好き
深澤辰哉
深澤辰哉
ちょっえ?
岩本照
岩本照
かっこいいセリフとか思いつかないわ……
深澤辰哉
深澤辰哉
えっえ?
岩本照
岩本照
だから
深澤辰哉
深澤辰哉
え……
くる俺の肩から手を離して

今度目を合わせてくる
岩本照
岩本照
ふっかも大事なことだけでもいいから答えて
大事…?

大事……


確かに長々話すことを考えなくてもいいか

そっかじゃあ今は余計なことは省いて、ほんとに伝えたいことだけ…
深澤辰哉
深澤辰哉
俺も照のこと好きだし大好き
岩本照
岩本照
うん
深澤辰哉
深澤辰哉
付き合って?
照に告られたら、きっと嬉し過ぎてどうにかなる

だから先に言ってやった
岩本照
岩本照
うん…でもそれ俺が言いたかった
深澤辰哉
深澤辰哉
俺の勝ち
岩本照
岩本照
でも先に好きって言ったのは俺だし
深澤辰哉
深澤辰哉
いや、俺の勝ち
岩本照
岩本照
俺が言わなかったら、告れなかった癖に
深澤辰哉
深澤辰哉
そんなことないし
岩本照
岩本照
うそ
誰かをこんなに好きになったのも、

それでこんなに頭ん中ぐちゃぐちゃにされたのも

こんなにドキドキしたのも

振り回されたのも



全部照が初めてだから

だから、これからも俺も知らない俺を沢山見つけて

俺を沢山の初めてでいっぱいにしてよ
ちゃんと逃げずに真っ直ぐ素直になれるように努力はするから
[END]