無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第15話

第13話
今日から学校だ。
真新しい制服に腕を通し、普段下ろしてる髪をポニーテールで縛る。
学校に行くまでは緊張とワクワクで頭がどうかなりそうだった。
職員室に入ると担任の鈴川先生が出迎えてくれた。
鈴川先生
鈴川先生
澤村さん。書類、書いてきてくれた?
澤村しおり
澤村しおり
はい。書いてきました。
私は書類をファイルから出した。
鈴川先生
鈴川先生
これもいいし、これもOK。これも大丈夫かな。
うん。記入漏れも無し。素晴らしいわ!!
澤村しおり
澤村しおり
ありがとうございます。
鈴川先生
鈴川先生
HRまではまだ時間あるわね。澤村さんは部活、何入るか決めた?
澤村しおり
澤村しおり
いえ、まだ決めてないです。
鈴川先生
鈴川先生
そうなのね。まあ、ゆっくり決めればいいわよ。何かあれば相談乗るわ
澤村しおり
澤村しおり
ありがとうございます。もう少し考えてみようと思います。
鈴川先生
鈴川先生
ええ、そうして。
よし、そろそろ教室に行きましょう
澤村しおり
澤村しおり
はい