前の話
一覧へ
次の話

第1話

第1話
555
2018/04/17 12:52
それは突然のことだった。
ねこ
ねこ
にゃあ
あなた
あなた
ねこだ。
高校の帰り道猫を見つけた。

それがすべての始まりだった。
ねこ
ねこ
みゃあーん
あなた
あなた
どうしたの?
あなた
あなた
あっ足怪我したの?
ねこ
ねこ
みゃあ
あなた
あなた
じゃあおうちにおいで
ねこ
ねこ
みゃん
-----
あなた
あなた
よしっ。出来た。
あなた
あなた
あっもう遅いな。
あなた
あなた
飼い猫じゃあなさそうだな。
ねこには首輪もされてなく、薄汚れていた。
あなた
あなた
1人じゃさみしいし、一緒に住むか。
ねこ
ねこ
にゃー
あなた
あなた
その前にお風呂一緒に入ろう
-----
あなた
あなた
はぁー。気持ちよかったねー
ねこ
ねこ
みゃっみゃー
あなた
あなた
どうしたの?
ねこ
ねこ
にゃっにゃん
あなた
あなた
んー。まぁいっか。寝よ🎵
ねこ
ねこ
にゃーん