無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

ありがとうございました。
あなたside
『おっはよー!!』



なにわ「…」



『なんでそんな元気ないん??』



大西「これで元気ある方がおかしいで…?」



高橋「もしかして見てないんすか?」




『なんのこと…??』







そういうと、恭平にスマホを見せられる。






『……え??これ、ほんまなん??』




西畑「見てなかったんやな。」




『錦戸くん…が??』




藤原「ほんまのことやで。」




『そう…なんや、、』





道枝「嘘やと思いたいですよね。」




『うん…』





体の力は抜け、その場に崩れ落ちるようにして泣いた。
メンバーは魂が抜けたような感じがした。









『信じっ…られへんっ...!!!!』



長尾「信じなきゃいけないんですよ…」



大橋「あなた、いいこと教えたる。」



『??』



大橋「錦戸くん、今大阪こっちにおるらしいで。」








その言葉を聞いたと同時に体は動き出した。




西畑「ちょ、あなた!!!」
















西畑の声がしたと思ったら、誰かとぶつかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る