無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

楽屋
あなたside
『どう?』


高橋「前髪センター分け…✨
ありがとうございます!!!」


『喜んでもらえたみたいでよかった笑』




道枝「僕も今度…」


『ええよー?
今…はセットしとるな笑』


道枝「残念ながら、、」


長尾「今度タピりましょーねー!!」


『自分払いなよ。』


長尾「わかりましたぁ…(´-ε -`)」


『じゃーねー』





.













.







((ガチャ


『はっすーん、プリンちょーだいっ♡』


大橋「いやや。」


『今度東京いった時は無しやな。』


大橋「え、いや!!!」


『てか、流星ここおったん?』


大西「そーよー」


藤原「お菓子いっぱいあるからここにおるみたいやで?」


大西「( ´ ꒳ ` )エヘヘ」



可愛すぎる、、、
母性本能??みたいなのが…ね?



藤原「そう言えば大吾は?」


『寝てるから置いてきた。』


藤原「酷いなwww」


『起こすのも悪いし。』


大橋「でも、もうそろそろ撮影始まるから起こしといてやー」


『りょーかーい。』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る