無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

ありがとうございました。
あなたside
そんなこんなしていたら、なにわ男子のみんなが帰ってきた。





西畑「絶対、超えてみせます。」




道枝「僕達ならできると思ってます、!!」





錦戸「そーやな笑」





大倉「俺は、上の方で待っとるな。」




藤原「見守っててください。」




錦戸「高みの見物??笑」




藤原「暖かい目でお願いします笑」




大橋「たまには、ご飯行きましょうね!?」




大倉「奢ってもらうの目当てやろ(  '-' )ノ)`-' )ペシッ」




大橋「えへっ笑」




高橋「いつか、同じステージに立てるように頑張ります!!!」



長尾「その時は、関ジャニさんを抜かすときだと思ってます。」



錦戸「俺も同じステージに立ちたいなぁ…」



大倉「待ってるで。錦戸もな。」




錦戸「俺はみとくわ笑」





『絶対絶対、待っててください。』




大倉「おう!!」











ここにいるみんなが大好きで。
言葉じゃ足りないぐらい好きで。


大好きなみんながいて、先輩がいて。
ここは私の大切な大切なただ一つの居場所。












































シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る