無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
622
2020/03/30

第1話

たった一つの宝石【蓮】【吾郎】
この話は
蓮と明智がお互いの正体を知っている前提での話になります。
オチ無し、ただの取り合い。
─────────────────────
あなた
蓮先輩もわざわざ買い物に
付き合ってもらってすみません。
でもおかげで助かりました!
蓮
気にしなくていい。
あなたと一緒に居られるなら
何処にでもついていくさ
あなた
ちょっと大げさですよ。
でも荷物持ちまでしてくれるなんて
蓮
あなたに悪い虫がつかないように
見張っておかないといけないからな。
あなたは怪盗団の宝の一つだしな
あなた
た、宝!?
それこそ大げさですよ!
蓮
大げさじゃないさ。
お前は俺達を導く地図みたいなものだ。
どっかの虫に貪り食われでもしたら
困るしな
蓮
なぁ、明智?
吾郎
吾郎
───なんだ、気づいてたのなら
言ってくれればいいのに
あなた
明智さんもいつの間にいたんですか!?
さっきまで誰もいなかったのに……
吾郎
吾郎
ハハッ、そう素直に驚いてくれるのは
君ぐらいだよ、あなた
あなた
けど、どうしてここに?
今日は会議も無いはずですけど……
吾郎
吾郎
そうだなぁ、しいて言えばのんびり
一人で散歩している宝魔キミ
捕らえる為、かな?
あなた
私?
蓮
あなた、聞かなくていい。
一見、無害そうに見えても中身は悪食な
狼、もしくは極悪非道な人間だ。
蓮
目を離すとすぐさま寝首を掻きに来る、
そんな奴の言葉に惑わされるな
吾郎
吾郎
酷い言いようだね、まぁいいけど。
けれどあなたを捕ま……もとい、誘い
に来たのは事実だよ
あなた
誘う?何かあるんですか?
吾郎
吾郎
うん。今度、収録で久慈川りせさんと
共演するんだけど、良かったら観覧に
来ないかな、って思ってさ。
ADさんが「気になる子とか
連れておいでよ」って1席空けてくれたんだ
あなた
久慈川りせって、あの・・久慈川りせ!?
吾郎
吾郎
そう、あの久慈川りせ。
収録も日曜日だからその後に
好きな所に連れて行ってあげられるしね
吾郎
吾郎
どうかな?
蓮
どうかな、じゃない。
勝手に話を進めるな
蓮
あなた、相手にするな。
どこか行きたいなら俺達が連れて
行ってやる
あなた
蓮先輩、顔が怖いです……
吾郎
吾郎
この話は君じゃなくて彼女が決める
事だよ。
部外者は引っ込んでてくれるかな
あなた
あ、明智さんも落ち着いてください
吾郎
吾郎
あなたも、本音を言っていいんだよ?
たまには怪盗団から離れたい、とか
芸能人を目と鼻の先で見てみたいとか、
────僕と出かけたい、とか
蓮
あなた、明智の方が良いのか?
下心丸見えな奴よりも、俺と一緒の方が
楽しいと思うけどな
吾郎
吾郎
ハッ、しつこいのは嫌われるよ?
蓮
お前も勘違いはなはだしいな
あなた
ちょっと、二人とも……
吾郎
吾郎
ねぇ、あなたはどう思う?
ここは当事者である君が決めるべき
だと思うよ
吾郎
吾郎
僕と一緒に出かけるのは嫌?
僕なら彼よりも優しく、
大事にしてあげられるのに
蓮
そんな言葉に騙されるな。
不本意だが、確かに俺は前科がある。
けどあなたへの気持ちに嘘偽りは無い。
この先なにがあっても、お前を守り抜く
蓮
誰よりも、お前を大切にする
蓮
今まで一緒に怪盗仲間として活動して
あなたの事は理解しているつもりだ
吾郎
吾郎
それこそ嘘だね。
彼女の事を理解できるのは彼女だけ。
吾郎
吾郎
君に一体何が分かる?
彼女の痛み、悲しみ、想いも、願いも。
理解した気でいるだけで、本当は何一つ
として分かっていないんじゃないかい?
吾郎
吾郎
僕ならそんなに無責任なことは
言わないね。
あなたが僕に話してくれるまで
待つし、それがどんなに長い時でも傍に
いてあげる
吾郎
吾郎
それを総じて『愛している』と
言うんじゃないかい?
あなた
!?
蓮
俺はもっと、お前のことを愛してる。
お前を大切にしたい、守りたい。
俺の手をとってくれ、あなた
吾郎
吾郎
僕の手も空いてるよ。
君ならいつでも大歓迎だし、どんな
願いだって叶えてあげるよ。
僕のそばにいてくれるのなら、ね
─────────────────
竜司
竜司
アイツら、この街中まちなかで何してるんだよ
祐介
祐介
一人の少女を取り合い、男同士の譲れぬ
戦い……創作意欲が湧いてきた!!
杏
えぇ……ちょっと、見てるほうが
恥ずかしいんだけど
春
ちょっと険悪ムードだね……これ、
どうする?マコちゃん
真
どうするも何も、3人まとめて
鉄拳制裁よ。
往来で怪盗団ってワード出してるんじゃ
無いわよ…!
双葉
双葉
リア充爆発しろ。いや、割とマジだぞ
モルガナ
モルガナ
蓮もアケチも、パレスできるかもな?