無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ジュース🥤
あなた達が戻ると、白石は、冴島と話していた
あなた

ママぁ〜

白石恵 (藍沢)
あなた!!
緋山美帆子
久しぶりだね!白石!!
白石恵 (藍沢)
そうだね!!
緋山美帆子
所で仕事は、いつ復帰するの?
白石恵 (藍沢)
どうして?
緋山美帆子
だって〜ぇ…
冴島はるか
緋山先生の仕事が増えるからですよね!
緋山美帆子
冴島何でそんな事言うかなぁ〜!!
そんな事思って無いからね!
白石恵 (藍沢)
うそーお、怪しい😒
あなた

ママ!

白石恵 (藍沢)
(*´-ω・)ン?
あなた

喉乾いた!

白石恵 (藍沢)
じゃあ、ジュース買いに行こう!
あなた

(^(ェ)^*)うん!

白石とあなたは、ジュース買いに行った
冴島はるか
私達は、戻りますか!
緋山美帆子
そうだね!!
緋山美帆子
それより、、
冴島はるか
(*´-ω・)ン?
緋山美帆子
何で白石の前であんな事言うかなぁー。
冴島はるか
それは、……でもホントの事ですよねーぇ
緋山美帆子
そ、それは、……
藤川一男
緋山、はるか、サポート入ってくれ!!
緋山美帆子
分かった!
冴島はるか
('0')/ハイ!
こんな感じで、白石が居ないと大変な毎日を送っている救命でした!
その後あなたは、藍沢から診察を受けただの熱だと診断されたので、白石と一緒に家に帰りました!!
今は、あなたの熱も下がったので元気に学校へ、登校しています!