無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

注射💉②


1時間目の授業が終わって
先生)では、今から、保健室に行くので、
名簿順に並んでください
児童)ハ━━━ヾ(。´囗`)ノ━━━イ

並んで

先生)他のクラスは、授業中なので喋らずに
来てください。
喋ったら、全体責任ですよ~( ̄▽ ̄)
児童)は、('0')/ハイ!
(先生、怖っ!!)


~保健室前〜

児童)注射やだなー⤵⤵⤵
(╭☞•́⍛•̀)╭☞それな

児童)でも、終わった後の達成感は、良いよ
ね?
(゚ー゚)(。_。)ウンウン

先生)はい!そこ!!
喋ら無い!
児童)('0')/ハイ!

少しして

先生)準備が出来たから、今から始めるぞ
前から、1人ずつ入って来いよ?
児童)ハ━━━ヾ(。´囗`)ノ━━━イ⤵⤵⤵



あなた

(えっ…前から1人ずつって、私1番始め!!( ゚д゚))

あなた

(嘘でしょ…)

あなたは、何だかんだ言いながら、中へ、入った。
あなた

(Σ(゜ω゜))//ウワッ)

あなた

(ホントに居るし…(´ω`)トホホ…)

あなた

お、お願い…しまーす⤵⤵⤵

藍沢耕作
あなたは、分かりやすいな‪w
白石恵 (藍沢)
ホント、ホント
あなた

そんな事良いから、は・や・く・し・て?

あなた

「注射を見る」

藍沢耕作
じゃあ、腕出して?
あなた

やだ 小声

白石恵 (藍沢)
じゃあ、ママが腕まくって上げる
白石恵 (藍沢)
(*・ᴗ・*)وヨシ!
出来た!
白石恵 (藍沢)
動かないでね?
あなた

う、(。•́ - •̀。)ウン...

藍沢耕作
ちょっと、我慢してね~
藍沢耕作
「ちく」
「注射をする」
あなた

痛った〜ぁ〜 小声

白石恵 (藍沢)
はい。
おしまい!















✄ーーーーーーーーーーーキリトリーーーーーーーーーーー✄




こんな感じで、皆注射をしました!










海麗曖 作者
どうも!
作者です(๑•̀ㅁ•́ฅ✨

最近、更新出来てなくて、すみませんでした

マイペースなので、、。

↑言い訳

また見て下さい!