無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

23
2021/06/04

第3話

は じ め ま し て
リンゴ「嘘でしょ…。」



その後、沈黙が続いた。



松田「やっと信じてもらえましたねぇ〜!
じゃあ、2つ目のルールは月に1度順位が変わる入れ替え戦という試合があります。その試合に勝ち順位が1位になると騎士の役職をゲットできます。
騎士になった人は、次の入れ替え戦までに好きなタイミングで、仲間を1度だけ守ることができます。」





松田「人狼は、いつ殺すか分かりません。そうですよね、人狼さーん笑」



もちろんその返事に答える人はいなかった。



松田「それでは、この1年間で人狼を見つけ出して下さい。健闘を祈ります。」



そういうと放送が終わった。



ヨゾラ「まぁ、こうしているのもあれだし自己紹介でもする?」



アカネ「そうだね。私は、1年D組 山ノ上 赤音です。」



ルカ「あっ、うちもアカネと一緒の1年D組 糸手 るかで〜す。」



ミミ「うちらは、1年B組で〜す!! 冬川 ミミと〜」



リンゴ「畑田 りんごと〜」



「川田 愛です!!よろしく〜」と自己紹介をした。



リンゴ・ミミ「よろしくね〜♪」



ヨゾラ「1年C組、大内 夜空です!よろしくです。」



リホ「うちは、1年E組の 進 里穂。よろしく〜」



リンゴ「じゃあ、自己紹介終わったけどどうしよう?」



松田「皆さん!!『卓球部』に入ったんですよね?」



ミミ「そうだけど…」



松田「それでは、練習しましょう!!」



リンゴ「練習ってどんな事を?」



松田「そうですね〜まだ皆さんは、初心者なので二人ペアになって基本練習をしましょう!!」



「ペア分けどうしようか…?」と呟いた。



ミミ「そうだね…」



リンゴ「グッチョッパーで分かれない?」



アカネ「それいいね!」



ヨゾラ「グッチョッパーで分かれましょう〜」



私は、パーを出した。












人狼は、誰だ?!












続く