無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

20
2021/07/24

第4話

生き残るために…… ペアと練習する。
ヨゾラ「グッチョーパー出別れましょう!!」




私はパーを出した。




ルカ「おぉ〜」




ミミ「リンゴとヨゾラちゃん、うちとアカネちゃん、アイとリホちゃん、ルカちゃんでいいかな?」




リンゴ「うん!」





リンゴ&ヨゾラSide





『カコンッ カコンッ カコンッ』




リンゴ「ヨゾラちゃん上手いね!!びっくりした〜」




ヨゾラ「(照れる)そう〜まぁ、一応少しだけ習ってたかな…」




リンゴ「へぇ〜すごいね!」




ヨゾラ「ありがとう!!」




リンゴ「ところでさぁ…」





ヨゾラ「人狼ゲームのことだよね…」




リンゴ「うん…」




ヨゾラ「うちは頼りないかもだけど全然 相談してくれて良いからね!」




リンゴ「ありがとう!!」






ミミ&アカネSide





アカネ「笑笑笑。ミミちゃんって面白いね〜」




ミミ「笑笑笑。アカネちゃんもだよ〜」




アカネ「私たち、気が合いそうだね!」




ミミ「うん!」




ミミ「ところでさぁ、人狼ゲームどう思う?」




アカネ「不気味だよね…」




ミミ「ごめんね!!こんな話して。」




アカネ「ううん!全然いいよ!」




ミミ「じゃあさぁ、二人で協力しない?」




アカネ「いいね、それ!人狼を見破ろう!!」




ミミ「うん!」






アイ&リホ&ルカSide




「へぇ〜リホちゃんアニヲタなんだ〜」私は呟いた




リホ「そう!」




ルカ「アイちゃんは趣味とかないの?」




「うーん。K‐popとか好きだよ!」




ルカ「うちも〜」




「笑笑笑。」






私は、二人と仲良くなれそうな気がした。

















続く