無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

Jun ver.
あなたちゃんは、ジュンの彼女です。
でも、ハオペンです。
Jun
Jun
ねえねえあなた。
You.
You.
なに?
Jun
Jun
僕の魅力、知ってる?
You.
You.
知ってるよ。
Jun
Jun
言ってみて。
You.
You.
え、なんで?
Jun
Jun
いいから。
You.
You.
かっこよくて、優しくて、面白いところとか。
Jun
Jun
それだけ?
You.
You.
そんなことないよ?
Jun
Jun
じゃあ、言ってよ。
You.
You.
どうしたの?急に。
Jun
Jun
僕はうるさいから嫌い?
ミョンホみたいに大人しい方がいい?
You.
You.
そんなことないよ。
私は明るいジュンが好き。
Jun
Jun
じゃあなんでミョンホのこと推すの?
You.
You.
推しとしてはタイプだったから。
Jun
Jun
じゃあ、僕はなんのタイプ?
You.
You.
彼氏として、だよ?
Jun
Jun
言ったね?
You.
You.
うん。
Jun
Jun
じゃあ、ミョンホのこと推してもいいけど、ライブの時は絶対に僕のうちわを持つこと!
You.
You.
なんで…!?
Jun
Jun
嫉妬するじゃん。
僕の持ってないと。
You.
You.
わかった笑
ジュンのうちわね。
了解了解。笑笑
Jun
Jun
そうだよ!




自分のうちわを持っていれば推してもいい、という新しいスタイルを確立した文俊辉であった。笑

























to be continued