無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第10話

Seokmin ver.
ソクミン彼女→あなたちゃん。
あなたちゃん→スングァンペン。
Seokmin
Seokmin
ねえねえー
You.
You.
んー?
Seokmin
Seokmin
今度、タッチ会あるじゃん?
You.
You.
あるね。
Seokmin
Seokmin
当たった?
You.
You.
うん、当たったよ!
Seokmin
Seokmin
だれに?
You.
You.
スングァン!
Seokmin
Seokmin
ねえ、なんで?
You.
You.
なにが?
Seokmin
Seokmin
僕の彼女なんだから、僕とタッチしようよ~
You.
You.
私だって、ソクミナとスングァナ、どっちが当たるかなって思ってたよ?
Seokmin
Seokmin
だから、その選択肢よ!
You.
You.
え、?
Seokmin
Seokmin
僕だけでいいの!
僕だけを狙ってて、それでスングァナが当たっちゃったんなら仕方ないけど、違うじゃん!
最初から僕かスングァナかって思ってたんでしょ?
You.
You.
ご、ごめん…
Seokmin
Seokmin
もう、許さない!
You.
You.
ほ、本当にごめんなさい…!
Seokmin
Seokmin
やだ!
あなたが僕のことをちゃんと見てくれるまで許さない!
いつも僕ばっかり好き好きって。
あなたから好きって聞いたことないんだけど!
You.
You.
私…
ソクミナのこと好きだよ?
本当に大好き。むしろ愛してる。
Seokmin
Seokmin
う、、
なんでこういう時ばっかりそうやって可愛いこと言うの?
You.
You.
え?
Seokmin
Seokmin
なんでいきなり好きって言うの!?
You.
You.
え、言ってほしかったんじゃないの?
Seokmin
Seokmin
違う!
僕のこと見てほしかっただけ!
You.
You.
あ、そうなの?
ごめんごめん。笑
じゃあ、前言撤回!
さっきの好きって言葉はなかったってことで!
Seokmin
Seokmin
え!?
それはダメ!
You.
You.
なんで?
言ってほしくなかったんでしょ?
Seokmin
Seokmin
違う!
You.
You.
えー?
全部違うじゃん笑笑
Seokmin
Seokmin
もう!
なんでそんなに余裕そうな顔してられるの!?
You.
You.
余裕だからだよ笑笑
ソクミナのこと愛してるからだよ笑
Seokmin
Seokmin
…(゜-゜)
You.
You.
どーした?
Seokmin
Seokmin
ね、ねえ、!
You.
You.
なに?笑
Seokmin
Seokmin
不意打ちの愛してるは反則…!///
You.
You.
はいはい笑


彼女ちゃんからの「愛してる」にすごく弱いソクミンでした。笑























to be continued