無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

106
2018/12/28

第22話

霊奈の過去
私達は何事もなく暮らしていたわ
私はーーとしての仕事をして紗衣は魔法の森で不思議な実験をしていたらしいけど何をしていたのかはわからない そんなある日私達は紫に呼ばれたものだから集まったの
霊奈
霊奈
何ー紫
紫
実は貴方達に異変解決をしてもらいたくてね?
紗衣
紗衣
異変?
紫
そうなの引き受けてもらえる?
霊奈
霊奈
いいわよ
あの時の気づいていたら
霊奈
霊奈
うーんこの結界の歪みは大きいなー
紗衣
紗衣
直せそう?
霊奈
霊奈
頑張ってみるよ
霊奈
霊奈
はぁはぁさすがにきついわ
紗衣
紗衣
大丈夫?
霊奈
霊奈
大丈夫大丈夫👌
紗衣
紗衣
無理しないでね
霊奈
霊奈
わかってるよ
それから2〜3日間私は直し続けた
紗衣
紗衣
いい加減休みなよ
霊奈
霊奈
うんそうしようかな?
紗衣
紗衣
ほら加子の大好物のおかかのおにぎり
霊奈
霊奈
ありがと紗衣╰(*´︶`*)╯♡
紗衣
紗衣
えへへ\(//∇//)\
霊奈
霊奈
よーしもうひと頑張りするぞ
霊奈
霊奈
疲れた死にそうだ
紗衣
紗衣
頑張ったね加子
霊奈
霊奈
やっと終わったよー
紗衣
紗衣
本当なんでこんな大きい穴開いたんだろうね
霊奈
霊奈
本当にね?
この時私にもっと力があったらよかったのかな?
霊奈
霊奈
大変!沢山結界の歪みが出始めた!
霊奈
霊奈
くっ!吸い込まれる
紗衣
紗衣
加子ーー
霊奈
霊奈
紗衣…
紗衣
紗衣
能力  結界の歪みを無かった事にして!
霊奈
霊奈
紗衣だめ!
バタ
霊奈
霊奈
紗衣大丈夫?
私の霊力を分ける
紗衣
紗衣
うんなんとか起きれそう
霊奈
霊奈
貴方の能力危険なんだから
紗衣の能力は大きなかいざんをすると体に負担がかかってしまう
紗衣
紗衣
ぐは
紗衣は血を吹き出した
霊奈
霊奈
紗衣?なんで
私の頭は真っ白になった
視界は真っ赤
あれアタマがいたいな
視界が歪むな
霊奈
霊奈
どうして紫!
紫
ふふふ
紫
だって貴方を奪うためには彼女の存在邪魔だったんだもの
紫
だから始末したのよ
霊奈
霊奈
ぼそ ふざけるな
霊奈
霊奈
フザケルナ
霊奈
霊奈
ユルサナイ
霊奈
霊奈
オマエをユルサナイ
紫
何?このオーラは
紫
うっ
霊奈
霊奈
みんなキエテシマエ
そして私達の事を覚えてる人などいなくなった
紫も私を覚えていない
だから だから ダカラ
回想終了
霊奈
霊奈
だから私は幻想郷が大っ嫌い恨んでるのよ
沙彩?
沙彩?
そうなんだー
霊奈
霊奈
私は明後日にはやるわ
沙彩?
沙彩?
私は止めないけど
霊奈
霊奈
絶対復讐してやる
沙彩?
沙彩?
ぼそ(本当貴方は…)
霊奈
霊奈
あはははアハハハ
霊奈
霊奈
ケシテヤル
終わり