無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

君に一目惚れ
廊下まで音楽が響く練習室で7人は汗をかきながら踊っていた
7人
はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…
すると踊っている最中に一人の女の子がやってきた

【ガチャ】

開く音で数人ドアの方へと顔を向けた
あなた
あなた
すいません…
マーク
あ、ルーカス、音楽止めて
そしてルーカスは走って音楽を止めに行き1度ダンスを止め、女の子の方に行く
あなた
あなた
えっと…新しくみなさんにこういうものを配るあなたです。
と、見せたのは箱に入ったボトルだった
ジェヒョン
そんな重いもの1人で?💧
あなた
あなた
はい!
テヨン
大丈夫?重たいでしょ?
あなた
あなた
平気です!あと…えっと…えっと…っ(この人達のグループ名…グループ名…)
7人
ドヨン
どうかしたの?あなたちゃん
あなた
あなた
!あ、えっ…と…グループ名が…分からなくて…っ💧(恥ずかしい…)
7人
!(可愛すぎる…)
マーク
僕達はNCT Uって言うグループだよ
あなた
あなた
!NCT Uさんですね!ありがとうございます…えっととりあえずこのお水と取り返させて頂いてもいいですか?
テヨン
いいよ
あなた
あなた
ありがとうございます
走って7個のボトルを新しく7個揃えながら置いた。その姿を7人は見ていた
ジェヒョン
見ない顔だから…やっぱり新しい子なんですよね
テヨン
そうだろうね。最近スカウトされたんじゃないかな
ウィンウィン
まだあんなに水あるから他の先輩達の所に行くんだろうね
ジェヒョン
多分ね
そしてあなたが立ちお礼を言ったあと練習室からでていった
ルーカス
よぉし!水もあることですし、練習再開しましょおおおよ!!!!
ドヨン
ルーカス、うるさいよ
そしてマークはルーカスに音楽をかけてと言われボタンを押し全員立ち位置につき練習を再開した