無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

君に一目惚れ
あなた
あなた
オンマー、ご飯できたよ
《あら、珍しい。どうしたの?》
あなた
あなた
急に作りたくなったの。食べて食べて
《それじゃあ、いただきます》
卵焼きを小さく取り、口に入れた
あなた
あなた
……?💧
《おいしい》
あなた
あなた
ほんと?よかったぁ…まだあるから食べてね
《ありがとう、○○》
あなた
あなた
それは私のセリフ
《あら、そう?ふふっ》
あなた
あなた
うん、そう(やっぱり1番は家族を笑顔にすることが私の夢)
そして○○は仕事行ってくると親に言い、仕事場に向かった
【コツコツ…コツコツ…】
ジョンウ
…?あれ、あの子…
ジョンウが○○に気づき声をかけ近寄った
あなた
あなた
あなたは…確かNCTUの…
ジョンウ
ジョンウ、だよ、○○ちゃん
あなた
あなた
ジョンウさん!覚えておきます
カバンからメモを出し書いていく
あなた
あなた
ジョンウさん…っと
ジョンウ
メモしてるんだね。すぐ忘れちゃうから?
あなた
あなた
よく分かりましたね。そうなんです、私すぐ忘れちゃうから…
ジョンウ
やっぱり
《ジョンウさん、スタンバイお願いします》
ジョンウ
あ、はい!それじゃあね、○○ちゃん
あなた
あなた
はい!
そしてジョンウは○○から背を向けステージに向かった
あなた
あなた
すごい大変そう…(あの時アイドルになるって言ってたら私もジョンウさんと同じだったのかな…)あ、早くルームに行かなきゃ…!
○○は走ってルームに向かった