第38話

🤍゛゛
867
2022/07/03 14:50
あなた
万次郎
万次郎.
ん?
あなた
明日、千夜の誕生日
万次郎.
休みね
あなた
そそ。仕事は武臣に回しといて
万次郎.
わかってる
あなた
毎年毎年ありがとね
万次郎.
ん。






















7月3日
いつものように朝起きる弟に声をかけた
あなた
千夜、おはよう
春千夜.
おはよ
あなた
今日の仕事のスケジュール、変わったから確認しといて
春千夜.
んー
まだ寝ぼけてる弟にいつもと変わらない態度で接した
春千夜.
おい、今日仕事休みになってんだけど
あなた
ほんと?休みが重なるって偶然だね
春千夜.
そうだな〜
あなた
…、今日行きたい場所あるから着いてきてくんない?てか着いてくるわよね??
春千夜.
へいへい。車出すわ
あなた
さすが私が育てた男、わかってるじゃない
テキパキと支度を終え
私が指定する場所に車で向かった







あなた
反社も楽じゃないよね〜、毎回裏ルートとか色々しなくちゃだし
春千夜.
……、そうだな
あなた
あ、次ここね
春千夜.
それ今言うなよッ!その場所こっち方面じゃねぇーんだわ!!!
あなた
何?文句あんの?
春千夜.
うーっす…
あっという間に夕方の6時になった
まだ空は明るく
日差しがちょうどいい頃合だった
あなた
あ、私事務所に忘れ物してるんだよね
春千夜.
はぁ〜?明日でいいだろそんなもん
あなた
何言ってんの?千夜のものだけど
春千夜.
はぁー???
あなた
ほら、千夜も取りに行くよ
春千夜.
だっりーーー
あなた
姉の命令は?
春千夜.
ぜってぇー
あなた
ほら、行くよ






















{ッパァーン!!}
春千夜.
はっ……?
咄嗟に銃を構えた千夜は目を見開いた
あなた
千夜、言うの忘れてたど、お誕生日おめでとう
春千夜.
誕生日…?あ、俺今日誕生日か
蘭.
忘れてるとか歳じゃねぇの?w
春千夜.
てめぇーの方が年上だろクソジジイ
鶴蝶.
プレゼント用意したぞ!
あなた
いくら潔癖だろうが人がせっかくくれたんだから貰いなさいよ
春千夜.
ッチ、ありがとな
鶴蝶.
おう!
竜胆.
俺らからも
春千夜.
どーせくっだらねぇーもんなんだろ〜?
竜胆.
まじでお前死なばいいのに
春千夜.
お薬手帳…?
竜胆.
これで薬が記録できるなっ♡
蘭.
それ俺チョイス♡
春千夜.
灰谷後で殺す
一.
俺からはこれな
春千夜.
お前からのがいっちばんいらねぇー
一.
拒否権ねぇーんだわ
春千夜.
なんだこれ?うわ、セーキューショかよ
一.
俺からのプレゼントだからしっ・か・り、やれよ?
春千夜.
きしょ
万次郎.
春千夜
春千夜.
!!!!
万次郎.
お誕生日おめでとう。たい焼きあげる
春千夜.
あざーーっす!!!!!
一生大事にしますね!!!
万次郎.
食えよ
春千夜.
ウッス!!
竜胆.
うわ、この変わりよう。だから嫌われんだよ
春千夜.
うっせぇ灰谷弟まじでお前殺す!!!



事務所でワイワイやったあと
家に帰り
私は春千代を席に座らせた
春千夜.
何すんだ?
千夜の言葉を無視し
冷蔵庫ヘむかった
白くて綺麗なチーズケーキを手に持ち
千夜が座る席へ運んだ
1本だけロウソクを立て、火をつけた
あなた
願い事を言ってから消すと、願い事が叶うんだって
春千夜.
そんなの信じてんのかよ
あなた
千夜、私の願いごとはね
春千夜.
それお前が言うんだ、俺じゃないんだ
あなた
私よりも先に死なないで欲しい。私が死んで、千夜はジジイになるまで生きて欲しい
あなた
私が死んでも後を追わないで欲しい。ただこれだけ
千夜は目を見開き、暗い顔をしていた
春千夜.
じゃー、俺からの願いな。
あなた
なに?
春千夜.
俺のそばにずっといて欲しい。俺、あなたみたいにこころ広くねぇからよ。
俺が死んだら後追って死んで欲しい。お前が死んだら俺は王のために生きるよりも先にお前のために死にたくなる
あなた
…千夜
春千夜.
だから、ずっと傍にいろよな。
そう言って千夜はロウソクの火に息を吹きかけた
春千夜お誕生日おめでとう!
まじでこれだけはこの話であげたかった
それでは!

プリ小説オーディオドラマ