第36話

🤍゛゙
1,076
2022/05/21 14:34
あなた
しんしん〜
真一郎.
しんしんだよ〜
あなた
きしょパンダかよ
真一郎.
お前がいったんじゃん!!!
あなた
うるっさ
.
あなたー!
あなた
この声のうるささ…圭介しかいない
圭介.
あなた!
あなた
え?身長抜かれてんの?
圭介.
あなたちっさ‪w‪w
あなた
ウザ
{ゴンッ}
あなた
い゙ッ〜!!
圭介.
俺の方が痛てぇよ゙!!
あなた
いや…え?何、腹筋硬くね?え?
圭介.
そりゃー鍛えたからな!
あなた
圭介のくせにムカつく。てか、死ぬほどポニーテール似合ってない
圭介.
うるっせぇよ!!!!
真一郎.
俺は似合ってると思うけどな〜
圭介.
真一郎くん…!
真一郎.
俺も髪伸ばせばモテるかな?
圭介.
それはねぇな!
真一郎.
圭介ッ!?!
あなた
アンタはそれ以上いじるのやめた方がいいよ
真一郎.
俺このままの方がイケメン?
あなた
自惚れんな年中発情期野郎
真一郎.
マジであなた俺の事嫌いだよな?!
あなた
あれ?圭介のその服、どうしたの?
圭介.
芭流覇羅っつーチームの奴
あなた
へぇ〜、あれ?あれは?えっと、まんじろーかいみたいなやつ名前のやつ
圭介.
トーマンな?
あなた
それそれ
圭介.
トーマンの為に、このチームに入った
あなた
そっか。まぁ、圭介の野生の勘はよく当たるからね〜
圭介.
まぁ、結果は良くなったのかわかんねぇけどな〜
.
ちょっと真には!あなたちゃん来てるなら言ってよ!!
あなた
エマ…?
エマ.
あなたちゃん!久しぶり!
もー!なんで教えてくれないの!?
真一郎.
悪かったって
エマ.
圭介も!なんで教えてくれないのよ!
圭介.
お前うるせぇーんだもん
エマ.
ほんっとさいてー!
あなた
アンタらさいって〜
エマ.
あなたちゃん!
あなた
んー?
エマ.
彼氏できた?
あなた
それはどうかな〜?
エマ.
この反応絶対いるじゃん!
え?!誰々!?
あなた
好きだった人ならいるけど、生憎付き合ってはないんだな〜
エマ.
えぇー!あなたちゃんの好きな人とかめっちゃ気になる!
真一郎.
あなたに好きな人…!?
圭介.
ゴリラとかじゃねぇの?
あなた
マジ圭介1回こっち来いよ。その釣り眉毛タレ眉になるまで顔殴ってやる
圭介.
まじでやりそうだから絶てぇー行かねぇ
真一郎.
お、遅かったな。"イザナ”
イザナ.
エマの布団片してた
エマ.
え?マジ?!ごめんありがと〜!
あなた
総長…じゃなくて、イザナじゃん。お久
イザナ.
久しぶりだな
あなた
弟が世話になったよ
イザナ.
弟?
あなた
黒マスクのロングヘア
イザナ.
あー、あいつか
圭介.
春千夜女みてぇだったよな!
あなた
今の千夜にそれ言ってみ?殺されるよ
エマ.
圭介と春千夜いつも喧嘩してたもんね〜
真一郎.
それを止める俺の身にもなって欲しかったわ
あなた
止めてたの私ね
イザナ.
天竺の時はそんなふうに見えなかったけどな
あなた
私の弟だよ?猫かぶってんだよ
イザナ.
納得
あなた
…、私さ、アンタらに怒ってるんだよ
あなた
ストーカーかってくらい勧誘してきてさ
イザナ.
そんぐらい気に入ったんだよ
あなた
いつも話してたドラケンって堅の事だったんだね
エマ.
かっこいいでしょ?あなたちゃんになら譲ってあげてもいいよ
あなた
私には合わないよ。だから、堅とエマの付き合った報告聞きたかった
あなた
私に友人代表やらせて欲しかった
エマ.
…、ごめんね
あなた
圭介の夢だったペットショップで犬とか猫買って、圭介にペヤングよりも美味いって言わせる料理食べさせたかったし
圭介.
俺は後悔なんざしてねぇ
あなた
何が優等生になる、だよ。親泣かせて何が優等生だ
あなた
中学卒業してねぇのに、何してんだよ
圭介.
メガネしてんだから頭いい風だっただろうが!
あなた
ほんっと馬鹿
真一郎.
最後は俺か〜?
あなた
…、ボコられてまんじろーとエマにかっこ悪い姿見せられないからって夜遅くに手当させて
エマ.
うわサイテー…
あなた
道場サボった理由私のせいにしたり
圭介.
真一郎くん…さすがにそれはやべぇよ…
あなた
喧嘩を止めたら喧嘩の的になって私に助けられたり
イザナ.
だっさ
あなた
後、たい焼きをどら焼きって言ったり
真一郎.
俺だけ多くね?
あなた
アンタら…、早すぎるんだよ
イザナ.
…そろそろ行く時間だ
エマ.
あなたちゃん、先に行ってごめんね…。
だからって、早くこっちに来るのは許さないんだからね!
彼氏作って結婚しておばぁちゃんになるまでこっち来ちゃダメだからね!
あなた
わかったよ笑
イザナ.
俺の下僕、鶴蝶の事頼んだからな。後灰谷達も
あなた
あの3人なら大丈夫。イザナに負けないくらい強くなったよ
イザナ.
それはねぇな
あなた
そうかもね笑
圭介.
マイキーのこと、よろしくな!
あなた
甘えたなところは相変わらずだよ。どら焼きとかたい焼きばっかり食べてる
圭介.
ペヤング食わせとけ
あなた
お前だけだわそれで喜ぶの
圭介.
じゃぁな!
あなた
…、圭介!
圭介.
あン?
あなた
髪型、似合ってるよ。腹筋も凄かった。
圭介.
サンキュー!











真一郎.
あなた
真一郎.
万次郎のこと頼んだわ。
武臣に迷惑かけんじゃねぇーぞ?
春千夜に薬飲みすぎって言っとけ。
あなた
……、ほんっと、さすが最弱王。なんで避けれないのよ
あなた
なんでそういうところだけかっこいいの?
あなた
なんでそこで警察呼ばなかったの?
あなた
なんでッ…なんで先に逝っちゃったの…?
真一郎.
俺の店は俺が守りてぇからな!
あなた
ほんとに馬鹿、阿呆、まぬけ
真一郎.
ひでぇ〜な〜
あなた
……、真一郎
真一郎.
ん〜?
あなた
好きだよ
あなた
ずっと好きだった
あなた
真一郎が女に振られるたんびに喜んでた
あなた
私だけが真一郎の良さを知ってる気分で嬉しかった
あなた
それなのに、この気持ちをなんで伝えられないままにさせるの?
真一郎.
ごめんな、その気持ちには応えられない。
真一郎.
俺な?実は年上が好きなんだ
あなた
…、どーせ年上の胸が大きい人が好きなんでしょ
真一郎.
いや?すっげぇー年上がいい。なんならばぁちゃんがいい
あなた
もしかしてマザコン…?
真一郎.
ちげぇよ!!
真一郎.
俺さ、好きな奴がこっちに来るまで待とうと思ってんだ
あなた
真一郎に待っててもらえるなんて、その人は幸せだろうな〜
真一郎.
そうだな〜、あなたは幸せ者だな〜
あなた
え?
真一郎.
俺の好きな年上になるまで、お前への返事はNOだからな!
真一郎.
春千夜とジジババになるまで来るの禁止な!





























あなた
夢、か…
あなた
…っふふ。最弱王のくせに、生意気
次回もリクエストです!

プリ小説オーディオドラマ