無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

333
2020/10/11

第2話

道枝side

あの子との出会いはあることがきっかけだった

たまたま廊下を走っていた時に彼女にぶつかった

その瞬間、俺は恋に落ちた
道枝駿佑
道枝駿佑
ごめんなさい!怪我してない?
大丈夫??
あなた
あなた
大丈夫です。
怪我してないですか?
道枝駿佑
道枝駿佑
うんうんうんうん俺は大丈夫
ほんとごめんね
あなた
あなた
いえ私こそ
道枝駿佑
道枝駿佑
それじゃね
第1印象は大人しくて優しそうな子


だいたい俺らとぶつかったら女子は叫ぶけど、彼女は叫ばなかった
高橋恭平
高橋恭平
あれ、みっちー遅かったやん
道枝駿佑
道枝駿佑
あぁ廊下で女の子とぶつかって
高橋恭平
高橋恭平
それは災難やったな
うるさかったやろ
道枝駿佑
道枝駿佑
いやそれがたぶん俺らのこと知らない子だった
高橋恭平
高橋恭平
へぇ俺らのこと知らないやつなんておるんやな