無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
369
2020/10/10

第1話

いち
私が通う学園には黒王子と白王子と呼ばれる王子様がいる



女の子は皆、恋に落ちるという伝説がある








そんな彼等と同じクラスの私









『えー、今日は席替えをします』

そう言った担任の永瀬先生







『え、マジかよ』





『どんまい恭平』





『俺の分も引いてきてみっちー』





『自分で引けや』





『あ、窓側の1番後ろやからな』





『ごめん、1番前の席やったわ』





「ねぇ!あなたどこ?」





「1番前の席だけど」





「え!めっちゃ離れたやん」






「ほんとだ、やだよあや~」







『なぁみっちー、サンキューな』







『は、なんでって…あぁそういう事か』