無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7話
でも、自分から帰ろうとか言ったくせに、ちょっとひどい。
待って、これって妬いてるの?
いや。そんな事無い‼恨んでるんだ。
そうしてると、河野さんの高い声が聞こえて、、、、
永瀬廉
もう、家着いた。
河野由季
え~‼ここ?さすが廉君!!デカイ!!
永瀬廉
本当に入るの?
河野由季
廉君の家親いる?
永瀬廉
高校に入って、1人。
河野由季
じゃあ、いいじゃん。
二人は家に入った。
玲奈
何で、私、覗き見してるんだろう。
でも、やっぱり、家に入れたじゃん!!
やっぱり、廉君も彼女いたんだ、、
確かに、あんなイケメンを可愛い子が逃す訳無いもんね、、
ママ
れいちゃん!!ご飯できたよ‼
玲奈
今行く!!
ご飯中。
ママ
れいちゃん、あの隣の子とどうなの?
玲奈
どうって、あっちは彼女いるし。
ママ
やっぱり、そうだったか。れいちゃんも負けないで‼
玲奈
いや、好きでも何でも無いから。
ママ
そうなの?だから、メガネ取ったのかと思ってた‼
玲奈
違うの!!
ママ
じゃあ、他の子?
玲奈
違う!!私は恋はしません‼
ママ
えーもったいな~
玲奈
何かさ、かっこいいっては、思っても好きになれない。
ママ
まぁ、最初はそういうものよ‼
玲奈
ふーん。
あ、私のメガネ知らない?
ママ
見てないけど。
あ、だからかけてないの?
玲奈
だから、言ったじゃん!!
ママ
じゃあ、探しておくね!
玲奈
うん。ありがとう。
side 廉
まだ帰らないの?
河野由季
いいじゃん、たまには。それに、久しぶりに会ったんだよ‼
そう言って、本棚の上に置いていた、赤城さんのメガネを取った。
河野由季
廉君ってメガネしてた?しかも、水玉模様入ってるし。
どうしよう。何で、そこに置いたんだよ!!
あ、あー妹のやつ?
河野由季
妹いたんだ。
う、うん。
本当はいないけど。
河野由季
ねぇ、遊ぼ‼