無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3話
ー次の日ー
電車の中。
玲奈
あ、瑞希だ‼
電車のドアが開いて、瑞希が入って来た。
一ノ瀬瑞希
おはよう‼玲奈!!
玲奈
おはよう‼朝から会えるっていいね‼
一ノ瀬瑞希
今日さ、寄り道して帰らない?
玲奈
いいねそれ!!
一ノ瀬瑞希
うん。そうしよ!
ー放課後ー
玲奈
で、どこ行くの?
一ノ瀬瑞希
秘密!!
しばらく歩いて、、、
玲奈
ここって?
一ノ瀬瑞希
化粧品とかいっぱい売ってある場所。
玲奈
何でここ?
一ノ瀬瑞希
玲奈って、、、
私のメガネを取って、、、
一ノ瀬瑞希
やっぱり!超可愛い‼
玲奈
いやいや。可愛くない!
一ノ瀬瑞希
もっと自信持って‼
玲奈
うーん。
一ノ瀬瑞希
でも、玲奈ってメガネ取るだけで可愛いからメイクする必要ないかも。
玲奈
そうかな?私もちょっとはメイクしてみたいかも。
一ノ瀬瑞希
そうだね‼揃えよう。
いろいろ、化粧品を買って、コンタクトも買った。
ー電車でー
一ノ瀬瑞希
楽しかった~。
玲奈
本当。友達っていいね‼
一ノ瀬瑞希
うん!!明日の放課後、玲奈の初メイクしよう‼
玲奈
そうだね‼楽しみ!!
一ノ瀬瑞希
うん!!あ、そろそろだじゃあね‼
玲奈
うん!!バイバイ!!
やっぱり。友達っていいなぁ。それに、こんないい友達。
ー次の日の放課後ー
一ノ瀬瑞希
よし、玲奈、するよっ!!
玲奈
よろしく!!
瑞希はメガネを取って、1つ結びしてた髪をほどいた。
一ノ瀬瑞希
やっぱり、可愛い
コンタクトを付けて、、、
一ノ瀬瑞希
マスカラと、チークとリップを塗ろう‼
玲奈
うん!!あ、待って、教室にカバンとケータイ置いてる。ちょっと、すぐ戻るから、待ってて。
一ノ瀬瑞希
うん。はやくね!!
そう言って、教室に行った。
よし、忘れ物無し。ケータイも持った。
誰か来る。
瑞希かなぁ。でも、足音が女の子の音じゃない。
とりあえず、こんな姿、瑞希以外見せられないから隠れなきゃ‼
ガラッ)
ドアが開いて、急いで、すぐそこにあったカーテンに隠れた。
ダメだ、足が出てる。