無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

ターコイズブルーの彼女です
前のチャプターへ戻る

第3話

女の子の日
「あなたside」
お腹痛い・・・
昨日から女の子の日が始まった今月は重いな・・・でもあと1時間で少クラの本番が始まる。しかも今日は新曲だ
薬飲めば大丈夫でしょ。
そう思いカバンを見る
(ガサゴソ)最悪だ・・・今日に限ってカバンを新しくしてしまったのでいつも持っている薬がない。
しかも今日は男性のマネージャーさんしかいないため頼みずらいし・・・
ちょっとすれば治るだろう。
「神side」
トイレから戻ると海・岸は寝ていて
廉と紫耀はスマホを見て笑っていた
あなたは焦ったようにカバンを漁り何か探しているようだった。
神)あなたどうかした?
そう聞くとあなたは振り向いた。
とても顔色が悪い
そうえば今日は全員が白のズボンから黒のズボンに変更になった。
神)もしかして・・・あれ?
あなた)うん
神)薬飲んだの?
あなた)それが忘れちゃったみたいで・・・
本番までは50分はある。よし、間に合うな
神)ちょっとまってて、暖かくしててね
あなた)え、大丈夫だよ。迷惑かかっちゃうし・・・
神)お客さんはあなたの笑顔を見るために来てるんだよ?そんな顔じゃダメ!分かった?玄樹ーちょっとあなた寝かしといて
ごめんね?
あなた)勇太・・・ありがとう気をつけて。ちゃんとマスクしてね
「青い鳥」
遭遇情報
神宮寺勇太(King&Prince)
△△時頃□□劇場の近くのコンビニで鎮痛剤と水を購入していたようです。マスクをしていましたがオーラが・・・!とても急いでいるようでした。
@〇〇
もしかしてあなたちゃんのためかな?
@■□
彼女の為に鎮痛剤買いに行く彼氏ほしー


鎮痛剤を飲んだあなたはいつも通りの笑顔で無事収録をしたとの事です
続きはまだありません・・・
この作品をお気に入りに追加して
更新通知を受け取ろう!
更新通知は「本棚」で確認できます
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡