無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

___10
朝、もう極端に早く起きるのもやめることにした。

そしてそして寝癖のついた髪の毛も寝癖を治すだけ、メイクも前より几帳面にしない。

やっても意味ないことなんかやる必要なんてないでしょ?
スニョン
スニョン
あなたーー!
あなた

おはよ。スニョン。

相変わらずテンションが高いスニョンが今日も迎えに来る。

だけどいつも髪型もメイクもきっちり整えていたのにいつもと違うことに気づいたのか少し顔が曇る。
スニョン
スニョン
ほら行くぞ。
そう言って毎回差し出される手も、もうなんとも思わない。
あなた

ね、スニョン。今日こそは、ほんとに今日こそはクレープ食べに行かないと!

スニョン
スニョン
あぁぁぁ!そうだったㅋㅋ
あなた

なんのクレープ食べよ⋯トッピングは……

スニョン
スニョン
おい、トッピングなんて聞いてないぞ俺。
あなた

あんた、私にクレープ何日待たせたと思ってんの?トッピングぐらいどうってことないでしょうが!

スニョン
スニョン
わ、分かりました……
学校に着き
スニョン
スニョン
んじゃあ今日は校門集合!
あなた

分かった!!

何だ。全然平気じゃん。


逆にちょっと心が軽くなった気がするわ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

はむ
はむ
こんにちは、はむです。 先にフォローしてもらたら嬉しい限りです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る