無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

___15
正直に言うと毎日スニョンの教室を通っている。

だけどスニョン机だけポツンと置いてありスニョンの姿はない。
あなた

今日もいないのか…

そう言って教室に戻る前にトイレ寄っていこうと思ってドアを開けようとしたら
女子
あんたって、男子の前だとキモいくらいベタベタしてて見ててウザいのよ
うわ、これ今入ってきたらめちゃくちゃ修羅場だよね…

少しドアを開けて見てみるとソリョンちゃんが言っているのではなくソリョンちゃんが言われている。
ソリョン
…………。
女子
ちょっと何とか言いなさいよ
やばいソリョンちゃんを叩こうとしてる。
あなた

ちょっと!何やってるの!!

あ、やば。
ソリョン
あなたちゃん何で……
あなた

確かにソリョンちゃんにも悪いところあると思う。だけど今あなたがやっている事も悪いことだと思うよ。

女子
何よ、、。
ソリョンちゃんをいじめてた子はいなくなった。
ソリョン
なんで最後まで良い子ぶるのよ!私あなたみたいな人が1番嫌いって言ったじゃない!
あなた

うん、よく言われる。

あなた

でも分からないけど気づいたら助けてた

ソリョン
なんで、私あなたちゃんにたくさん酷いことしたのに……
あなた

確かにソリョンちゃんには酷いことされたけど、私ソリョンちゃんに変わってもらいたい。

あなた

私に初めて話しかけてきた時みたいになってほしい。

ソリョン
……ごめんね私頑張る。変われるように。
ソリョンちゃんはやっぱり根は良い人なんだって思った。
ソリョン
早く行きなあなたちゃん
あなた

え…どこに?

ソリョン
知らないの?スニョン君転校するって
なんで転校するのは分からないけど転校先遠いらしいからもう会えないかもよ?
あなた

そうなの!?

ソリョン
出発は今日だから早く行かなと間に合わないかも!場所は○○空港だから急いで!
あなた

ソリョンちゃんありがとう!

ソリョン
頑張ってあなたちゃん!
私は走ってスニョンの元に向かった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

はむ
はむ
こんにちは、はむです。 先にフォローしてもらたら嬉しい限りです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る