無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

また来た。
Prism Phantom thief
Prism Phantom thief
どうも。
お嬢さん。
(なまえ)
あなた
また来た
この前の…
Prism Phantom thief
Prism Phantom thief
怪盗ですよ。
(なまえ)
あなた
で、何の用?
Prism Phantom thief
Prism Phantom thief
冷たいですねぇ~
Prism Phantom thief
Prism Phantom thief
今日はあなたに僕の仕事の様子を見てもらいます。
(なまえ)
あなた
は?
Prism Phantom thief
Prism Phantom thief
この石に触れて?
(なまえ)
あなた
この石に?
Prism Phantom thief
Prism Phantom thief
ええ。
(なまえ)
あなた
触れて何になるのよ…
仕方なく触ると 

自分の体が不思議な感覚に包まれる。
(なまえ)
あなた
え?
Prism Phantom thief
Prism Phantom thief
これはただのクリスタルじゃない。
(なまえ)
あなた
どういこ…っぐ!?
Prism Phantom thief
Prism Phantom thief
静かに…
(なまえ)
あなた
ちょっと…
Prism Phantom thief
Prism Phantom thief
僕と夜空を散歩しましょう?
お嬢さん。
不思議だった。

本来なら歩く事が出来ない空の上を歩いてるんだから。
Prism Phantom thief
Prism Phantom thief
今日の僕の仕事場です。
それじゃあ、ここで大人しく待っていてください。
~1時間後~
Prism Phantom thief
Prism Phantom thief
ふぅ…MISSION completeって所ですかねぇ…
(なまえ)
あなた
早くない?1時間でしょ?
Prism Phantom thief
Prism Phantom thief
言ったでしょう。僕には時間制限があると。
(なまえ)
あなた
ああ、
Prism Phantom thief
Prism Phantom thief
帰りますよ。
(なまえ)
あなた
え?ああ、はい。
Prism Phantom thief
Prism Phantom thief
それでは…また。 
今日もあの怪盗は















赤と黒のバラを1本ずつ置いていった。