無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

ウィンウィン
ウィンウィン
ねぇ、僕の部屋に来ない?
ウィンウィン
ウィンウィン
たぶん一番広いよ!
ルーカス
ルーカス
あ、確かに。
テン
テン
じゃあウィンウィンの部屋ね!






え、なんか






勝手に話が進んでる…













別にウィンウィンさんが嫌いなわけじゃないけど、雰囲気とか目が怖いんだよな…






ウィンウィン
ウィンウィン
寝るなら早くおいでよ。
ウィンウィン
ウィンウィン
じゃないと、俺がベッド占領しちゃうよ?
(なまえ)
あなた
あッ…行きます!




___



ウィンウィンの部屋



ウィンウィン
ウィンウィン
あ、そうだ!
ウィンウィン
ウィンウィン
ドンペリ飲まない?
(なまえ)
あなた
どッ…!?
(なまえ)
あなた
俺、未成年ですよ?
ウィンウィン
ウィンウィン
んー、そっかぁ…残念( ´-`)





ボトルのまま飲むウィンウィンさん。







…いや、グラス使えよ。







ウィンウィン
ウィンウィン
てかさー、殺し屋の仲間なのに、そこらへんの法律には厳しいんだねwww
(なまえ)
あなた
やー…体に悪そうだし…





あーあー…ボトルから直接飲んでるから、口の端からちょっと垂れてるじゃん…







指でウィンウィンさんの唇を拭うと





ウィンウィン
ウィンウィン
え?何?
ウィンウィン
ウィンウィン
誘ってる?




誘ってる?って…






この人の思考回路、ショートしてんの?








…ここの人達、俺で遊んでないか?








クンさんの笑顔を思い出す。




(なまえ)
あなた
誘ってないですよ…///
(なまえ)
あなた
ただ口の端から垂れてたから…///




顔が赤くなるの、本当にどうすれば良いんだろ…






ウィンウィン
ウィンウィン
…ふーん…
ウィンウィン
ウィンウィン
あ、そうだ!




一瞬だけつまらなさそうな顔をして、それからすぐに笑顔になった。






ウィンウィン
ウィンウィン
…次の仕事、着いてきてね。
(なまえ)
あなた
…………へ?