無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

ウィンウィン
ウィンウィン
…俺が先に部屋に入るから、もしアイツが逃げてきたら捕まえて。
(なまえ)
あなた
はい…



え、大丈夫なの?





相手は武器も持ってるのに…






ウィンウィン
ウィンウィン
…行くね。




相手はどうやら、窓際で銃をスタンバイさせているみたいだ。










そこに、ヒョンが音もなく入っていった。









そして、ナイフを相手の首に当てた。





!?
だ、誰dッ…
ウィンウィン
ウィンウィン
はいはい、殺されたくなかったら黙っててね。
ウィンウィン
ウィンウィン
あなた、入っていいよ。
(なまえ)
あなた
……




ウィンウィンさん…







本物だ…



   




ウィンウィン
ウィンウィン
コイツ連れていくから。ヒョンに連絡しといて。




黙々と相手を拘束している。











…少し楽しんでるように見えたのは、気のせいだろうか。





___





目隠しをして、連れて帰る。





車の中でも、尋問されている。





クン
クン
なぁ、何をしようとしていた?
………
クン
クン
…誰から頼まれた?
………



クンさんに聞かれても、何も答えない。




クン
クン
ハァ…ウィンウィン、













家に帰ったら好きにしていいぞ。
ウィンウィン
ウィンウィン
え!?本当ですか!
クン
クン
…まぁ、何も言わないからしょうがない。





この会話の意味は、家に帰ってから知った。