無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

テン
テン
あなたー?行ける…って、
テン
テン
どうしたの?





いきなり部屋に入ってきたテンさんが、驚いたような顔をする。








まあ、そりゃそうか。男二人が真剣な顔して抱き合ってるんだし。







テン
テン
え…えぇっと…俺、邪魔かな?
(なまえ)
あなた
あ、いやいや!!そんなのじゃなくて!!
ウィンウィン
ウィンウィン
うん。あなたが悪夢見て、キツそうだったから。
テン
テン
あー…そういうことね…びっくりした…
テン
テン
じゃ、車乗ろっか!
(なまえ)
あなた
あ、はい!




_____









車に乗る。








テン
テン
店に行ったら、客に紛れて俺らの仲間が来るから。
テン
テン
女で、『無邪気な子供』の傘下の組織に入ってた。
テン
テン
情報は紙に書かれて渡されるみたい。
テン
テン
だから、あなたを指名する女がいれば、ソイツが仲間だと思って。
(なまえ)
あなた
はい…分かりました!



 

今日は、テンさんとウィンウィンさんと一緒にいる。






他のメンバーは、絶賛お仕事中。







…って言ったって、こっちも仕事なんだけど。







テン
テン
はい、着いたよー




店内に入ると




(なまえ)
あなた
…あの…
ウィンウィン
ウィンウィン
どした?
(なまえ)
あなた
…帰っていいですか。
テン
テン
え、なんでw
(なまえ)
あなた
いやいやいや、この大人な雰囲気マジで無理ですよぉぉぉ(´TωT`)
(なまえ)
あなた
俺みたいなお子ちゃまが来るとこじゃないでしょ!
テン
テン
大丈夫!あなたは見た目大人だから!
(なまえ)
あなた
(´TωT`)(´TωT`)(´TωT`)










あぁ…不安しかない…