無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話






夜。






(なまえ)
あなた
…お風呂入らなきゃ…




初めて仕事に着いて行って、予想以上に疲れた。






本当なら今すぐ寝たいけど…






___




数時間前。





テン
テン
あなた、帰ってきたばっかりで悪いんだけど…
テン
テン
明日、また違う仕事に着いてきてほしい。
(なまえ)
あなた
違う仕事?
テン
テン
うん。
テン
テン
どうやら敵は、俺たちを潰そうとしてるみたいなんだ。
テン
テン
だから、すぐに情報を集めなきゃいけない。
(なまえ)
あなた
どこで集めるんですか?
テン
テン













ホストクラブだよ。
(なまえ)
あなた
えッ
(なまえ)
あなた
ほ…ホストクラブ?
テン
テン
戸惑いすぎでしょw
(なまえ)
あなた
だ、だって…そんなの経験したことないし…
テン
テン
大丈夫だよ!あなたは女受けしそうな顔してるし!
(なまえ)
あなた
そういうのじゃなくて…(泣)
(なまえ)
あなた
ホストとして働くってことでしょ?怖いですよ…
テン
テン
それも大丈夫!
テン
テン
働く店は、俺たちの協力者が経営してる所だし、あなたの指名が来ても、俺が同伴するし!




___





…ということで、汗臭いまま行くわけにもいかず。





(なまえ)
あなた
あー…眠い…
ウィンウィン
ウィンウィン
あなた、風呂入るの?
ウィンウィン
ウィンウィン
一緒入ろうよ!




え…どうしよう…








けど、ウィンウィンさんは怒らせたらダメだし…








(なまえ)
あなた
分かりました。