無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話




…まあ、クンさんに不意打ちされて、一緒に入るはめになったことも何度もあるし。







別に恥ずかしくはなくなった。





ウィンウィン
ウィンウィン
あなた~♡



湯船の中、ウィンウィンさんがくっついてきた。






…この人、見た目は可愛いのに。






カラダがガッチリしすぎじゃないですかね?


 

(なまえ)
あなた
ちょッ…腕の力がッ…
ウィンウィン
ウィンウィン
あー、ごめんごめんw




慌てて手を離される。





ウィンウィン
ウィンウィン
お詫びに、髪洗ってあげる!
ウィンウィン
ウィンウィン
あ、あなたはクンイヒョンのシャンプー使ってるんだっけ。
(なまえ)
あなた
あぁ、はい。



シャンプーのボトルをプッシュするたびに、嗅ぎ慣れた良い匂いが広がる。




ウィンウィン
ウィンウィン
…あなたはさ、
ウィンウィン
ウィンウィン
俺のこと…………












怖いと思ってる?     
(なまえ)
あなた
え…?




髪を洗っている途中、唐突にこんなことを聞いてきた。






(なまえ)
あなた
そ、それは…まぁ…
(なまえ)
あなた
『拷問』だの『生け捕り』だの言ってるウィンウィンさんは…正直、怖いです。
(なまえ)
あなた
けど…
(なまえ)
あなた
こうやって優しくしてくれる時のウィンウィンさんは、『ヒョン』だって思えるので、怖くないです。
ウィンウィン
ウィンウィン
ッ………




ウィンウィンさんの手が止まった。





ウィンウィン
ウィンウィン
なんか…弟を思い出すんだよね…あなたを見ると。
(なまえ)
あなた
…弟?
ウィンウィン
ウィンウィン
うん…
ウィンウィン
ウィンウィン
あなたより少し上の年だと思うよ…生きていれば。
(なまえ)
あなた
…『生きていれば』…ですか…
ウィンウィン
ウィンウィン
…情けない話なんだよ…本当に。
ウィンウィン
ウィンウィン
俺は、弟を守れなかった…
ウィンウィン
ウィンウィン
行方不明になったんだよ。
ウィンウィン
ウィンウィン
全部、全部…俺のせいで…





終わりになるにつれ、声が震えてきていた。


 













…少しの沈黙があって。






ウィンウィン
ウィンウィン
ご…ごめんね、こんな話して。
ウィンウィン
ウィンウィン
俺、もう出るね。







丁寧に髪を洗い流してくれたあと、すぐに浴室を出てしまった。

















ウィンウィンさんは…














もう会えない弟さんに、俺を重ねているんだ…