無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

(なまえ)
あなた
………怖い




出発の直前、思わず漏れた自分の声にびっくりした。







まだ命を惜しむ感情が残っていたなんて。







クン
クン
荷物持った?
(なまえ)
あなた
は、はい…





小刻みに震える唇が、止まってくれない。







どうしようもなく







怖い。







クン
クン
…これ、持っとけ。
クン
クン
使うことはないだろうが、護身用だ。





そう言って差し出してきたのは







拳銃だった。






(なまえ)
あなた
………これが、拳銃……
クン
クン
もしも、の話だが。これを使うにあたって、幾つか約束してくれ。
クン
クン
まず、一般市民をむやみやたらに殺すな。
クン
クン
次に、もし敵に襲われた時は躊躇ちゅうちょせずに撃て。
クン
クン
最後に…
(なまえ)
あなた
…最後に?
クン
クン
…これを使って、自殺だけは絶対にしないこと。







この人は、本当に俺を心配しているのか。







もし心配されているのだとしたら







(なまえ)
あなた
ありがとうございます。
(なまえ)
あなた
…決心つきました。
(なまえ)
あなた
すぐ行きます。
















それに応えないと。