無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

家。






ウィンウィン
ウィンウィン
じゃあ、僕らは別室で“お喋り”してくるから♡
ウィンウィン
ウィンウィン
あなた、お喋り中は部屋に入ってこないでね?
(なまえ)
あなた
は、はい…




“お喋り”_?








なんだか怖い…







ウィンウィンさんは、男を連れて別室に行ってしまった。






(なまえ)
あなた
あの…どうして部屋に入っちゃダメなんですか?
ルーカス
ルーカス
トラウマになるから…かな…
ルーカス
ルーカス
一回覗いたこともあるけど…恐ろしくてその日は寝れなかったよ…
(なまえ)
あなた
そ、そうですか…






え、本当に何してるの…?









___





40分後。





ウィンウィン
ウィンウィン
ヒョンー!終わったよー!
ウィンウィン
ウィンウィン
コイツ、“innocent child無邪気な子供”の手下らしいよ。
クン
クン
は…?
クン
クン
嘘だろ…アイツらが…



クンさんが頭を抱える。






そして、ウィンウィンさんの後ろから






顔面蒼白の男が出てきた。





けッ…警察を呼んでくれぇ…
警察に捕まる方がマシだ…頼む…




ブルブルと震えている。






テン
テン
…自分で通報しろ。
テン
テン
携帯くらい貸してやる。







そして、男は本当に自分を通報した。






…警察…安全…警察…





警察に出頭する前、そう何度も何度も呟いていて、頭が狂っているとしか思えなかった。










ウィンウィンさんは何をしたんだ…







ウィンウィン
ウィンウィン
えぇ?何もしてないよ?ただお喋りしてただけ♡





                   『生け捕りにして拷問』 










そう言っていたのを思い出し、背筋が冷たくなった。










…ウィンウィンさんは、怒らせないようにしなきゃ…