無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

しばらく車に揺られていると、入り組んだ路地に入った。





キッ









車が、豪勢な建物の前で停まった。








(なまえ)
あなた
でか…




思わず声が漏れる。






いや、だって







マジで大きいんだもん。







クン
クン
ほら、行こ。





手を繋がれ、建物に入る。








ピッ







指紋認証式のドア…凄い…








(なまえ)
あなた
……あの…
クン
クン
ん?
(なまえ)
あなた
手が…その…






恋人繋ぎになってるんですけど…







ウィンウィン
ウィンウィン
あれー?ヒョン達、恋人繋ぎしてる!
クン
クン
あー、そうだな。
(なまえ)
あなた





いやいやいや、気付いてないと思ってたのに…







わざとってこと?







クン
クン
え?あなた、顔赤くね?
クン
クン
照れてんの?w
(なまえ)
あなた
い…いや…別に…///