前の話
一覧へ
次の話

第6話

嶺架 萩 1
63
2020/10/26 13:01
目を覚ます。

どうやら自分は、裁縫をしているうちに眠ってしまったらしい。
_嶺架 萩@れいか はぎ_
嶺架 萩れいか はぎ
…あかん、昼寝してもうた。
_嶺架 萩@れいか はぎ_
嶺架 萩れいか はぎ
今、何時や…?
僕は目をこすりながら、時計を見たんや。


針は、午後4:00を示してとった。
_嶺架 萩@れいか はぎ_
嶺架 萩れいか はぎ
…昼やん。
…と、そこまで考えて、重要なことに気が付く。
_嶺架 萩@れいか はぎ_
嶺架 萩れいか はぎ
今日、火曜日やんっ!
友達と約束していたのをすっかり忘れとった!!
_嶺架 萩@れいか はぎ_
嶺架 萩れいか はぎ
やば…
待ち合わせは、隣町の駅前に16:30。ギリギリ間に合いそうやな。
急いで着替えな。
僕はそう思ってタンスを開けたんや。
_嶺架 萩@れいか はぎ_
嶺架 萩れいか はぎ
…なんやこれ?
ピンク色のゲーム機が、タンスの中に入っとったんや。
そんなものを買った覚えはないんや。違和感を覚えたけど、
_嶺架 萩@れいか はぎ_
嶺架 萩れいか はぎ
…あかん、間に合わんくなる。
何も見なかったかのようにタンスを閉めた。




その直後、謎の睡魔が僕を襲ったんや。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者(てでぃ)
作者(てでぃ)
遅れたんご…すまないぜ…
作者(てでぃ)
作者(てでぃ)
がっつりエセ関西弁。ごめんて。

プリ小説オーディオドラマ