無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

174
2021/09/11

第26話

ー立ち直りー
江口拓也
あなた……
あなたの遺骨を、俺が貰った…あなたの両親が持っててくれと俺に言ったのだ…


仏壇からはこちらを笑顔で見ているあなたの顔があって、その笑顔をもう一度俺の前で見せてくれって心から願ってる…
あなたが死んでから俺は立ち直れなくて、でも仕事はちゃんとこなしての日々が続いた。

食欲もなくみんなからは細いよとか大丈夫かとか。

梅ちゃん達はあれから俺を心配してくれて、ほんとにいい先輩や後輩が俺の周りには居るんだなって改めて思う


でも、宏太朗はあらからずーっと暗くて、撮影やラジオ以外笑顔を見ることは無い
江口拓也
本当に久野あなたは俺達の中で大切な存在だったんだな…










今日はofだったから、俺達の写真が沢山入っているアルバムを開いた…












アルバムを開いた瞬間、涙が止まらなかった…




俺と隣で並んで微笑んでる君の顔が美しくて…



俺と付き合ってからメイクもファッションも頑張って、凄く綺麗になった…



あなたは俺と並ぶんだったら綺麗な女性になるんだって言い張ってた、もっと綺麗になってどうするのーとか言うと、拓也さんの笑顔を見るためーとか、














……1つ、2つと俺の頭の中に次々にあなたとの思い出が蘇ってくる…






江口拓也
懐かしいな……あなた会いたいよッ



よくデートの場所は花が咲いてるとこだったなー、
色んな花と顔を見合せにこにこしてるあなたの姿をは本当に可愛らしかった、



花と話してるみたいで
久野 あなた
わぁぁー!綺麗だなー!
久野 あなた
見てください拓也さん!この花はラナンキュラスという花なんです!
久野 あなた
可愛いねぇぇ
江口拓也
どちらもお綺麗だ事〜笑
久野 あなた
拓也さん!
江口拓也
はーい?笑
久野 あなた
大好きですよっ
江口拓也
俺もぉぉー!
久野 あなた
きやぁぁー!笑笑




あなた……会いたい
江口拓也
……グスッあなたッ







続く→