無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

Fischer'sサヨナラまたな
桜は咲いて風に乗って飛んで行く

思い出を咲かしてた僕らも

時は流れ飛び立つ時が来た

過ぎて行く青春時代

初めは友達の意味もわからなかった

少しは成長したのかな

全員の名前が書いた黒板が

旅立ちの日を感じさせる

あぁアイツと何度喧嘩したか

たくさんバカして怒られたな

叶わぬ恋もあったっけ

今じゃいい思い出だ

咲いた思い出が散らないように

新しい道に進むよ

思い出は胸にしまわなくていい

心に刻まれてる大丈夫

また会う日が来た時にまた

バカ笑いしようや

必ずまた会う日まで

サヨナラまたな!

桜は咲いた風に乗って飛んで行く

思い出を咲かしてた僕らも

時は流れ飛び立つ時が来た

もう戻れない青春

初めは別れの意味もわからなかった

でも少しだけわかった気がした

クラス全員の背中がなぜか

寂しそうに見えたから

あぁお前と夢語り合ったな

あの日の犯人は俺でした(笑)

アイツは幸せでいてほしい

今じゃいい思い出だ

咲いた思い出が散らないように

新しい道に進むよ

後悔も少しだけあるけれど

君が僕を強くしたから

また会う日が来た時にまた

話の続きしようや

必ずまた会う日まで

サヨナラまたな!

もしも時間が止まるなら

もしもこの日々が続くなら

あと少しだけもう少しだけ

この場所で笑っていたい

咲いた思い出が散らないように

新しい道に進むよ

思い出は胸にしまわなくていい

心に刻まれてる大丈夫

また会う日が来た時にまた

バカ笑いしようや

必ずまた会う日まで

サヨナラまたな!

咲いた思い出が散らないように

新しい道に進むよ

思い出が僕を強くしてくれるから

どんな壁が来ても大丈夫

また会う日が来た時にまた

話の続きしようや

必ずまた会う日まで

サヨナラまたな!