無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ハッピーシンセサイザ
ハッピーシンセサイザ

君の胸の奥まで

届くようなメロディ奏でるよ

儚く散った淡い片思い

笑い話だね今となれば

見るもの全て輝いて見えた

あの日々が綺麗に

笑ってるよ

我慢することだけ

覚えなきゃいけないの?

「大人になって頂戴ね?」

ならなくていいよ

知らないことばかり

知らないなんて言えなくて

「大変お似合いで」

ウソついてゴメンね

ハッピーシンセサイザ

君の胸の奥まで

届くようなメロディ奏でるよ

つまらない「たてまえ」や

ヤな事全部消してあげるから

この音でなんの取り柄もない

僕に唯一つ少しだけど出来ること

心踊らせる飾らない言葉

電子音で伝えるよ

好きになる事

理屈なんかじゃなくて

「こじつけ」なんて

いらないんじゃない?

時代のせいと

諦めたらそこまで

踏み出さなくちゃ

何も始まらない

「ゴメンね夜遅く

寝るところだったでしょ?」

「驚いた

私もかけようとしてた」

心の裏側をくすぐられてる

ような惹かれてる2人に

幸せな音を

ハッピーシンセサイザ

ほらね楽しくなるよ

涙拭うメロディ奏でるよ

強がらなくたって

いいんじゃない?別に

自分に素直になればいい

なんの取り柄もない

僕に唯一つ少しだけど出来ること

ちょっと照れるような

単純な気持ち

電子音で伝えるよ

ハッピーシンセサイザ

君の胸の奥まで

届くようなメロディ奏でるよ

つまらない「たてまえ」や

ヤな事全部消してあげるから

この音でなんの取り柄もない

僕に唯一つ少しだけど出来ること

心踊らせる飾らない言葉

電子音で伝えるよ

ハッピーシンセサイザ

ほらね楽しくなるよ

涙拭うメロディ奏でるよ

強がらなくたって

いいんじゃない?別に

自分に素直になればいい

なんの取り柄もない

僕に唯一つ少しだけど出来ること

ちょっと照れるような

単純な気持ち

電子音で伝えるよ